人は”寝姿勢”も様々。仰向き寝の方もいれば、横向き寝、うつ伏せ寝の方もいるものです。

また、同じ人でも一晩、ずぅ~と同じ寝姿勢をキープしている方は少ないもので、寝返りをする中、仰向け寝のときもあれば、横向き寝の時間帯もあるもの。自分ではなかなか気が付かない寝姿勢の変化に関するお話をしてみたいと思います。

横向き寝の方に適した高反発マットレスとは?!

横向き寝安眠を得る上では、”寝姿勢”に適した寝具環境・・・特に、敷布団・マットレスを使用することが大切なポイントとなります。

敷布団・マットレスにも個性(寝姿勢への適正)があるわけですね。

ここでは、横向き寝の方及び横向き寝姿勢の時間帯が多い方にとって、どんな特性を有する敷布団・マットレスが適したものとなるのかを考えてみたいと思います。

横向き寝の最大のポイントが「肩・腕周辺」の違和感の有無。

横向き寝の時間が多い方にとって、課題となるのが「肩こり」「肩の痛み」「腕の痺れ」といった身体症状だったりします。

このような症状を感じている方は、”横向き寝”の時間が多いのかもしれませんね。

で・・・何故、横向き寝姿勢の時に、このような身体症状(肩こり、肩の痛み、腕の痺れ)を感じやすいのかと言うと、それは

横向き寝姿勢時に自分の体(体重)で肩や腕を圧迫してしまうから。

なんですね。

肩関節や肩甲骨周辺の柔軟性が高い人は、あまり上記のような課題を感じることなく済む傾向がありますが、柔軟性が低い人の場合、横向き寝姿勢によって肩の痛みや腕の痺れを感じやすいのです。

寝返り時&横向き寝姿勢への移行時に「肩・腕」が邪魔に。中途覚醒に繋がることも。

肩関節・肩甲骨周辺の柔軟性が低い人の場合、寝返りする時や横向き寝姿勢へ移行するときに、「肩や腕が邪魔」となって、中途覚醒に繋がってしまう方も少なくないようです。

夜間に”中途覚醒してしまう”ことが度々ある・・という方の中には、このような要素(寝返り時・横向き時の課題)が要因となっているケースがあるのです。

中途覚醒に悩まされているようなら、「寝返り&横向き寝姿勢時に肩・腕が邪魔となりにくい敷布団・マットレスを使用する」ことも、検討してみるといいかもしれませんね。

横向き寝姿勢に求められる敷布団・マットレスの特性とは。

先に記したように、横向き寝姿勢の課題となるのが『肩・腕の圧迫』という要素です。

ゆえに、横向き寝姿勢に求められる敷布団・マットレスの特性(機能)として最も重要な要素となるのが、「肩・腕の圧迫を軽減する」こととなります。

すなわち、「身体形状に対する追随性を有する」ことが横向き寝姿勢にとって、求められる大切な機能要素となるのです。

敷布団・マットレスにおいては

*追随性=柔らかさ では無い

ということも大切なポイント。

単に、柔らかな敷布団・マットレスでは、肩&腕の圧迫を軽減することには繋がらないのです。

重要なのは、”追随性”に加えて”高い支持力”を有していること。こんな特性を有している敷布団・マットレスが横向き寝に適した寝具となるのです。

横向き寝の方に最もおすすめの”追随性”を有する高反発マットレス!「エアツリー」

エアツリー現時点で、いろいろ寝心地を試してみた中で、横向き寝の方に最もおすすめの高反発マットレスと感じているのが、エアツリーです。

”支持力”と”追随性”を共に有しているマットレスは他にもいくつかあるのですが

”エアツリー”ならではの特徴となっているのが「頭部・肩・腕周辺」と「背中・腰周辺」「脚部周辺」でそれぞれ”硬さ””クッション性”に変化を付けていることです。

横向き寝の方にとって、「肩・腕周辺部」が追随性の高い(クッション性のある)マットレスとなっていることが重要なポイントとなっているわけですが・・。

とはいえ、マットレス全体が追随性が高く、クッション性が高い仕様となっていると、今度は「腰部に負担」を生じてしまうことがあるんですね。

”背中・腰部”は、どちらかというと支持力が高くて”しっかり感(硬さ)”が感じられることが、腰痛・背中痛を生じにくくするために求められる要素となります。

「肩・腕周辺」と「腰周辺」では、マットレスに求められる特性が異なっているわけです。

そんな相反する課題を解決したのが”エアツリー”なのです。

特殊なエアツリーカッティング構造による”肩・腕周辺”の追随性UP。

エアツリーエアツリーは、商品名の由来伴っている「エアツリーカッティング構造」が大きな特徴となっています。

写真のように、マットレス内部を特殊な形状(木のような形状)にカッティングすることで、”追随性””クッション性”を高めているんですね。

このエアツリーカッティング構造を「肩・腕部」と「脚部」に採用することで、高い追随性・クッション性を持たせています。「背中・腰部」に関しては、支持力&高反発力を重視した構造となっています。

ひとつのマットレスの中に、異なる機能性を持たせているのが”エアツリー”の最大の特徴なんですね。

横向き寝の方にとって、最適な高反発マットレスとなるものと思っています。

高反発マットレス「エアツリー」の概要。

エアツリー高反発マットレス「エアツリー」は、日本の企業が研究・開発したマットレスです。

ゆえに、品質にこだわりを持って作られています。使用している高反発ウレタンフォーム素材は、エコテックスやサーティピュアは世界的に有名な国際的な安全規格の基準をクリアーしたものとなっています。

「1年間の品質保証付き」となっているところに、安全性・耐久性への自信が感じられます。

エアツリーは、”シングルサイズ”で「通常価格:¥59,800円」で販売されていますが、下記公式HPからなら、なんと!!現在「¥19,800円(66%off)」で購入可能となっています。

  1. ※最新価格情報※エアツリーマットレスの「最安値&販売店」!

高反発マットレスで、2万円を切る価格は、破格と言えるもの。お買い得の商品とも言えそうですね。

*素材:特殊高反発ウレタンフォーム素材(オープンセル)
*サイズ:シングル、セミダブル、ダブル
*通常価格:¥59,800円(税込)
*最安値:¥19,800円(税込、こちらの公式SHOPでのみ、割引販売中。

高反発マットレス「エアツリー」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)

適切な横向き寝姿勢をするには、「枕」が重要な要素に!

もしかしたら、適切な横向き寝姿勢をする上でマットレス以上に大切な要素となるのが「枕」なのかもしれません。

仰向け寝姿勢と横向き寝姿勢では、適切な”枕高さ”が大きく異なるからなんですね。横向き寝の方が、肩幅の影響を受けるので、「高さのある枕」が必要となるからなのです。

そんな「横向き寝」の方に最適な枕があります。

それが”横向き寝の方”のために開発された、横向き寝専用まくら「YOKONE2」です。

横向き寝専用まくら「YOKONE2」

横向き寝にて、「首・肩の痛みやコリ」を生じさせてしまう原因が。

  • 枕の高さ不足
  • 睡眠時の”手の置き場”が上手く確保できていない

ことによるものなんですね。通常の枕は「仰向き寝」を前提として作られているもの。横向き寝の人にとっては、『高さが不足』しているのです。

そこで、横向き寝の方が最も楽に睡眠できる姿勢確保ができるようにと研究・開発されたのが、こちらの「YOKONE2」なのです。

主が”横向き寝”であるならば、普通の枕では、何かしら影響が生じてしまうもの。「横向き寝専用のまくら」の利用が必須と言えます。

▼横向き寝専用まくら「YOKONE2」の詳細・購入はこちらから(公式HP)

横向き寝という寝姿勢は、「いびきを軽減する」効果も期待できる要素。そんな横向き寝と枕の関係に関して、こちらの記事(いびきを枕&寝方で改善!横向き寝を習慣づけてイビキを軽減しましょう。)に記されていますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

いびきの軽減

睡眠時間を確保しているのに、なかなか疲れが取れない・・。

そんな時は、睡眠時の「呼吸困難(睡眠時無呼吸症候群)」が要因となっているケースが増えています。

そんな睡眠時の呼吸困難を解消する上でも、横向き専用枕「YOKONE2」は効果が期待できるアイテムに。

人は、眠っている間に呼吸を4000回ほどしています。

そこで仰向けになり、気道が狭くなった状態を想像してみてください。まるでストローで風船(肺)を膨らませているようなものこれでは、十分な酸素は脳に運ばられることはなく、身体も脳も疲れが取れることはありませんよね。

また、寝相がいいことは健康面ではあまり褒められないことも・・。睡眠中の寝返りには体の歪みを治す効果があり、まったく寝返りをしないと腰や背中などが一晩中、体重の重みで圧迫されます。

同じ体勢で眠ったままだと、血流が悪くなり腰痛や肩こりの要因となります。

YOKONE2は寝返りしやすい、「大き目なサイズ(縦37cm×横63cm×高さ12cm)」となっていることも、機能的な特徴となっています。

 

その他「横向き寝」に適した敷布団兼用マットレス。

現在、主流となっているのは「敷布団兼用マットレス(マットレス兼用敷布団)」です。

もう、昔のように「マットレス」と「敷布団」が別に存在しているのではなく、それぞれの機能を一体化した「敷布団兼用マットレス(orマットレス兼用敷布団)」が人気の中心となっています。

「敷布団兼用マットレス」は「ベッド」でも「床敷き」でも使用できるのがポイント。

模様替えや引越しなどで寝室環境が変化しても、柔軟に使い続けることができるのが魅力と言えます。

そんな敷布団兼用マットレスの中から、「横向き寝」に適したアイテムをご紹介しておきたいと思います。基本的には、「肩周りのクッション性がある寝具」が対象となります。

 体圧分散マットレス「雲のやすらぎ プレミアム」

雲のやすらぎどちらかという”マットレス”というよりも”敷布団”のイメージで評価を得ているのが、こちらの体圧分散マットレス「雲のやすらぎ プレミアム」です。

”クッション性の高さ”が特徴。

厚みが「17cm」あることから、体のラインに対して、追随性の高さがあるんですね。

それが”横向き寝”の方にとっては、とても嬉しい要素に。横向き寝のデメリットを補ってくれる機能性マットレスです。

■体圧分散マットレス「雲のやすらぎ プレミアム」の概要
*素材:高反発スプリングマット、凹凸アルファマット
*サイズ:シングル、セミダブル、ダブル。厚み「10cm」
*メーカー:株式会社イッティ(日本)
*価格:¥39,800円(税込み)~。

体圧分散マットレス「雲のやすらぎ プレミアム」の商品詳細・購入はこちらから(公式HP)

「雲のやすらぎ プレミアム」の類似商品も存在しています。それが「スリープル」という敷布団兼用マットレス。

そんな類似商品に関して、こちらの記事17cmの厚みが特徴の2つの機能性敷布団!「雲のやすらぎ」「スリープル」を比較してみました。にて、機能性の比較をしてみました。ご参考にしていただければと思います。

「モットン・マットレス」関連情報

  1. モットンマットレス※フローリング直置きOK!?
  2. 現在愛用中!高反発マットレス「モットン」の使用感
  3. ※モットン・マットレス※格安購入方法をご紹介!これが最安値の買い方

「マットレス・敷布団」関連情報

  1. 体の痛みと寝姿勢から見分ける”敷布団”ポイント!
  2. マットレス不要の機能性敷布団!これ一枚で安眠が得られます。
  3. 敷布団マットレス|敷布団とマットレスどちらがいいの?両方必要なの?
  4. フローリング上に直置きで活用できる人気のマットレス!
  5. 横向き寝の方に最適な高反発マットレス!「Air Tree」
  6. 高反発マットレスを使ってみて気が付いた”3つの利点(メリット)”!
  7. 体形(体格・骨格・体重)に合わせたマットレスの選び方!
  8. 冷え性の方に適した高反発マットレスは何?冬季節のための敷布団・マットレスの比較。
  9. ミニマリストに最適な布団とは!?床置きできる機能性マットレス